▲ 帝北上野駅3番線で発車を待つ5000系。帝北百貨店上野店と一体になっているためまるで地下駅の様相。

 上野駅入谷口を出て、岩倉高校を右手に見つつ歩くと見えてくる古めかしくも美しい飴色のビルが、帝北電鉄の帝北上野駅。地下道での連絡がポピュラーなルートとなっているためか、地上改札の人気は大手私鉄のターミナルと思えないくらい少ない。その地上改札を入り大階段を上がるとそこは帝北上野駅のホームである。

 帝北上野駅は5面4線の櫛型ホームで、降車ホームと乗車ホームが分かれている。もともとのホームは6両まで対応のものだったが、改築に改築を重ね無理やり10両編成対応としており、またホームドアの設置が近年なされたため、ホームの日光方はかなり狭くなっている。

 

 

 帝北上野駅から電車に乗ると、左手にJRの線路群を望みつつ高架線を進み根岸町(鶯谷)へ。根岸町(鶯谷)は最近根岸町から改称された、1面2線の島式ホームの駅。ホームはかなり狭くなっている(あまり利用者もいないのでいいのかもしれないが)。JR鶯谷駅が至近である。

 

 

 左手から京成線が迫ってくると日暮里駅。かつては帝北が下・京成が上の二層式ホームだったが、京成・帝北一体となった改良工事により2階で日東本線下りと京成本線上り、1階で日東本線上りと京成本線下りが同一ホーム上乗り換えとなり、ホームの真ん中には乗り換え改札が設置された。

 

 

 日暮里を出ると京成線が右に別れ東北本線と並走する。田端新町駅は2面2線の対面式ホーム。駅のホームの壁にはツタが茂り、周りから取り残されたような駅である。

 

 

 荒川遊園駅は都電荒川線との接続駅。2面2線の対面式ホームで改札は北側に一か所のみである。都電荒川線との乗り換えは一旦外に出なければならない。夏休み期間等、荒川遊園への来園者の増加が見込まれる際には一部の急行が臨時停車する。

 

 

 あらかわ遊園の上を跨いで、隅田川を渡ると小台駅。ホームから荒川橋梁を望むことができる。

 

▲ホームドア設置工事中の江北駅。本線側はすでに取り付け済みで、副本線側も工事が佳境に入っている。

 小台を出ると、右に日暮里・舎人ライナーを見つつすぐに荒川橋梁に入る。夕暮れ時には左手に夕日を望むことができる。

 

 

 扇駅は2面2線の対面式ホーム。日暮里・舎人ライナーとの乗り換えは特に考慮されていない。改札口の目の前に江北橋通りがあり、バスで西新井駅や王子駅・池袋駅や大塚駅へと向かうことができる。

 

 

 江北駅。2面4線で、高架化工事の進捗に伴い最近綺麗な高架新駅へと移行した。急行停車駅で、駅の改札を出ると周りには団地と緑が広がっている。団地からの通勤客に対応し、朝ラッシュ時には当駅始発の各停が運行される。

 

 

 江北を出ると上野から続いてきた高架区間も終わり地上に降りる。そして高架化工事真っ最中の島式1面2線・鹿浜駅へ。割と地味な駅だが、この区間が開業した時から存在する歴史ある駅である。

 

 

 南平柳駅は2面2線の対面式ホーム。ホーム間に連絡通路がなく、上下ホームそれぞれに改札口がある構造となっている。日中はのどかな駅である。

 

 

 北十二月田(きたしわすだ)駅は帝北屈指の難読駅。高架化工事の影響で現在は仮設の駅舎となっている。駅の南側はすぐ踏切となっていて、交通渋滞が絶えない。

 

 

 北十二月田駅を出ると右に曲がり再び高架線へ上がる。そして左から川口線が近づいてくると南鳩ヶ谷駅に到着。日東線上野方面⇔川口線赤羽方面を行き来する場合この駅での乗り換えが必要だが、この駅は停車する種別が少ないため一つ先の鳩ヶ谷まで乗車し折り返す乗客が非常に多い。しかし、注意喚起の張り紙をする等の程度しか対策ができないため、帝北側も黙認せざるを得ない状況にある。

 

 

 新芝川を超えると線路は岩槻街道の上を行く。この辺りはもともと地上にあった帝北の線路を国道122号の新道の整備に伴い高架化し、道路と一体で線路・駅整備が行われたという経緯を持つ。

 

 

 鳩ヶ谷駅は2面4線の高架駅。西口の駅舎と市民センターが一体となっている。当駅は川口線の終点であり、日光方に引き上げ線を持つ。旧鳩ヶ谷市の中心といえる駅であったため、現在でも主に川口線から当駅始終着の電車が多数設定されている。