▲ 帝北上野駅3番線で発車を待つ5000系。帝北百貨店上野店と一体になっているためまるで地下駅の様相。

 上野駅入谷口を出て、岩倉高校を右手に見つつ歩くと見えてくる古めかしくも美しい飴色のビルが、帝北電鉄の帝北上野駅。乗り換え客はみな連絡地下道を通ってくるため、地上改札の人気は大手私鉄のターミナルとは思えないくらい少ない。その地上改札を入り大階段を上がるとそこは帝北上野駅のホームである。

 帝北上野駅は5面4線の櫛型ホームで、降車ホームと乗車ホームが分かれている。もともとのホームは6両まで対応のものだったが、改築に改築を重ね無理やり10両編成対応としており、またホームドアの設置が近年なされたため、ホームの日光方はかなり狭くなっている。

 

 

 帝北上野駅から電車に乗ると、左手にJRの線路群を望みつつ高架線を進み根岸町(鶯谷)へ。根岸町(鶯谷)は最近根岸町から改称された、1面2線の島式ホームの駅。ホームはかなり狭くなっている(あまり利用者もいないのでいいのかもしれないが)。JR鶯谷駅が至近である。

 

 

 左手から京成線が迫ってくると日暮里駅。かつては帝北が下・京成が上の二層式ホームだったが、京成・帝北一体となった改良工事により2階で日東本線下りと京成本線上り、1階で日東本線上りと京成本線下りが同一ホーム上乗り換えとなり、ホームの真ん中には乗り換え改札が設置された。

 

 

 日暮里を出ると京成線が右に別れ東北本線と並走、右側に湾岸線からの線路が近づいてくるとそこは田端新町駅。田端新町駅は上段が上り、下段が下りの2層式でそれぞれに1面2線を有する。ここが日東本線の17.3kmにわたる複々線の実質的な起点である(実際の起点は日暮里駅。)。コンクリート造りの武骨な駅で、雰囲気はさながら京成青砥といったところだろうか。もっとも青砥よりも格段に人は少ないが。

 

 

 田端新町駅を過ぎると東北本線が左に離れ、同時に上り線と下り線本尾久駅は都電荒川線の小台停留所と宮ノ前停留所の中間に位置する(若干小台寄り)、高架2面4線と遊園線用の地上1面2線を有する駅。改札は北側に一か所のみであり、しかも都電荒川線との乗り換えは一旦外に出なければならない。この駅の北側には遊園線への連絡線が設けられており、休日には30分間隔で地下鉄発着の各停が直通する。

 

 

 遊園線が左に離れるのを望みつつ、隅田川を渡ると小台駅。外側の緩行線のみにホームを有する。ホーム北側からは容易に荒川を望むことができる。

 

▲ホームドア設置工事中の江北駅。本線側はすでに取り付け済みで、副本線側も工事が佳境に入っている。

 小台を出るとすぐに荒川を跨いで扇駅に到着する。扇駅も緩行線のみにホームがある。南口の目の前に江北橋通りがあり、バスで西新井駅や王子駅・池袋駅や大塚駅へと向かうことができるため、各停停車駅の中で乗客はトップクラスである。

 

 

 江北駅。3面5線の駅で、当駅で大師線が分岐する。駅の改札を出ると周りには団地と緑が広がっており、この団地からの通勤客に対応し、朝ラッシュ時には当駅始発の各停が運行される。大師線ホームは日東本線ホームの東側に腹付けされた格好となっており、普段は2両編成の電車がのんびり往復するだけの路線である。

 

 

 江北を出ると左にカーブして鹿浜駅へ。開業当時から存在する歴史ある駅である。

 

 

 首都高速川口線をくぐって南平柳駅へ。緩行線のみにホームを有する。川口駅や舎人地区へ向かうバスがこの駅を通るため、利用者は多め。

 

 

 十二月田(しわすだ)駅は帝北屈指の難読駅。1970年開業の比較的新しい駅。

 

 

 北十二月田駅を出ると右に曲がり南鳩ヶ谷駅に到着。この駅も1970年、十二月田駅と同時に開業した。準急停車駅である。

 

 

 新芝川を超えると鳩ヶ谷駅。鳩ヶ谷駅は2面6線で、上下2線の間に通過線を持つ。鳩ヶ谷市の中枢の役割を持つ駅で、西口駅ビルには多数のテナントが入りショッピングセンターさながらの様相であるほか、高架下には大規模なバスターミナルを持ち、蕨、川口、草加、舎人、赤羽など各方面にバスがひっきりなしに発着している。2001年には埼玉高速鉄道線が鳩ヶ谷~赤羽岩淵間に開業し、副都心方面への新たなアクセスを担っている。なおこの埼玉高速鉄道線に帝北が乗り入れる計画もあるが、今のところ具現化していない。