△開発の進んだ岩槻駅周辺。武州鉄道開業時には個々に車庫があった。

  時を若干遡り1910年、埼玉県、東京市街と日光を結ぶ目的で、蓮田村・岩槻町・綾瀬村の有志が「中央軽便電気鉄道」を設立した。1912年には早速第一期線として蓮田~岩槻間が認可・着工した。とはいえ資金繰りがだいぶ苦しかったことで開業には時間がかかった。その後「武州鉄道」に社名を変更し、第一期線が1924年に開業、1928年には武州大門まで到達した。しかしながら、東京市街にターミナルが直結していないこともあって乗客はあまり多くなく、資金繰りは依然苦しかった。また、ターミナル候補地が赤羽or蕨とまだ不確定で、資金ができたとしても建設が出来ない状態だった。ひとまず、都心に直結していない点の解決のため、武州鉄道は近くを走る日東電鉄への接続を試みる。1930年、武州鉄道線は戸塚駅まで延伸、そこで日東電鉄と接続をとることができた。

 めでたく都心への道ができ、乗客は大幅に増えた。このチャンスを逃すまいと、1936年には蓮田〜菖蒲町間を延伸、さらには曖昧だったターミナル候補を蕨に決定し、1936年に蕨〜戸塚間の免許を申請する。1938年、そろそろ着工といったタイミングで、武州鉄道は陸上交通事業調整法の施行を迎える。