△川を渡る電車。利根川の水運業の衰退も、日東電鉄の構成要素の一つになっている。

 ここで話は下総地域へ。1890年代後半より、鉄道などの台頭で利根川水系の水運業者は大打撃を受けており、水運業で成り立ってきた境・関宿の街は衰退の一途をたどっていた。この衰退を阻止するため、境・関宿の有力者たちは東京への直通鉄道を欲し、鉄道敷設計画を立てていた。しかしながら思ったように資金が集まらず、計画はいつまでたっても計画のまま。しびれを切らした一部の有力者によって境古河軽便鉄道(のちの国鉄境線→境古河ゆめの町鉄道)や宝珠花軽便鉄道(のちの帝北宝珠花線)など、別の鉄道が勝手に敷設され始める始末であった。

 そんな中、1910年代初頭、東京と日光の連絡、当時日本の代表的な輸出製品だった生糸・綿製品の輸送を目的に、上野山下町~日光間で新たな鉄道の敷設が計画される。これが「日東電鉄」である。この計画を知った前述の有力者たちは日東電鉄の幹部らに協力を申し出、計画が具現化、路線敷設免許の申請に至る。

 当初は省線との競合を理由に、交付に関して厳しい返答がなされていたが、地元住民も巻き込んだ日東電鉄側の必死の請願により、ついに1916年に上野〜宇都宮間で免許が交付された。

 資金面に関しては既に強力な後ろ盾があることもあり、路線の敷設はスムーズに進んだ。1919年には田端(後の田端貨物駅。廃止済み。)〜関宿間が全線電化で、境(現・下総境町)〜結城間が非電化で開業。都心部は開発が進んでおり、田端〜上野間の用地買収に難航していたため、とりあえず田端を拠点として都電に接続する流れをとった。なお、この開業時の途中設置駅は、江北、南平柳(現・南平)、鳩ケ谷(現・鳩ヶ谷)、戸塚(現・武蔵戸塚)、高曽根、粕壁(現・春日部)、桜井と、長田、八俣、諸川、七五三場、鹿窪(廃止済み)であった。

 1921年には利根川を跨ぐ橋梁が完成し、同時に境〜結城間も電化された。この電化に際し、結城付近が柿岡地磁気観測所より30km圏内に少しだけ入ってしまうため、その部分は影響が出ないように対策をした上で電化されている。

 1924年には上三川までの延伸を果たすほか、関東大震災による上野付近の再建の一環として日東本線の延伸用地が与えられ、田端〜上野間の延伸をしている。

 こうして日東電鉄は、貨物輸送、旅客輸送ともに順調に滑り出していった。