▲ 荒川遊園駅停車中の東急9000系。はるばる溝の口からこの車両も乗り入れてくる。

 遊園線は本尾久駅と荒川遊園駅を結ぶ全長0.7kmの路線。各駅停車のみの運転である。

 

 開業は1927年、経営難によって帝北電鉄に売り渡された荒川遊園への行楽客輸送を目的に開業した。1942年には不要不急路線として一時休止されるが、無事1950年に復活した。

 

 線内折り返しの各駅停車がほとんどで、この電車には大師線と共通の2両編成・ワンマン対応の専用車両が使用される。休日には上野方面から各駅停車が直通する。また多数の乗客が見込まれる際には臨時で増発されることもある。