宝珠花

▲ 江戸川を超えれば終点・宝珠花はすぐそこに。

 宝珠花線は、日東本線の堤根駅から千葉県野田市の宝珠花駅を結ぶ路線である。種別は急行・準急・区間準急があるが、線内で通過運転は行われない。ラインカラーは山吹茶(#c89932)。

 

 1900年、宝珠花軽便鉄道として宝珠花~春日部間が開業、また宝珠花~関宿間、宝珠花~川間間も人車軌道として開業した。1918年に日東電鉄が春日部に到達した際、宝珠花線のみ改軌、日東電鉄に接続できるようにした。その後1925年に日東電鉄の傘下に入り、同時に人車軌道を全区間廃止、バス輸送へ転換した。1940年、陸上交通事業調整法を受け、武州鉄道と同時に正式に帝北電鉄の一部となった。

 

 軽便鉄道に由来する路線のため路盤が悪く、駅間が長いためスピードを出す区間が多いことから、よく揺れるとの評判が多い。