日中ダイヤについて

 2019年現在のダイヤグラムは上の通りである。

 

帝北上野~武蔵戸塚

 この区間では、上野発着・遊園線直通の各停が2本/h、上野発着・春日部方面の各停が6本/h、地下鉄線直通・江北発着の各停が2本/h、準急が6本/h(うち地下鉄線直通が4本/h)、急行区急が6本/h(うち地下鉄直通が2本/h)、快急が1本/h、特急が臨時含め3本/h、臨時の区急が1本/hと、合わせて最大で25本/hが走る区間が存在する。

 準急は武州線・岩槻方面発着で、本尾久で春日部方面発着の各停に、武蔵戸塚で武州線方面発着の各停と急行or区急に連絡する一方、江北以北は緩行線を進み、江北~南鳩ヶ谷間では特急or快急or臨時区急に抜かされる。地下鉄線直通の電車は10両編成が、上野発着は8両編成が用いられる。

 急行区急は日東本線・春日部方面発着で、武蔵戸塚で準急と武州線方面発着の各停に接続する。この準急との接続では、必ず地下鉄線直通⇔上野発着で接続がとられ、両方向への利便性を確保している。この時間は臨時列車を除くすべてが10両で運転される。

武が蔵戸塚~菖蒲町(武州線)

 武州線では、武蔵戸塚~岩槻間で無停車、以遠各停となる準急が6本/h、武蔵戸塚~岩槻本町間の各停が6本/hあり、武蔵戸塚~岩槻本町間では有効本数を12本/h、岩槻本町~蓮田間では6本/h確保している。区間運転の各停は終点の岩槻本町で準急に接続し、岩槻本町以北への利便性を向上させている。準急のうち地下鉄線直通の4本は蓮田止まり、上野方面の2本が菖蒲町発着となっている。

武蔵戸塚~下総境町・宝珠花

 武蔵戸塚~春日部間は複線でありながら最大で16本/hが走る。6本/hの各停のうち4本は春日部発着、あとは下総境町発着と宝珠花発着が1本ずつ存在し、全列車が高曽根で急行区急の待ち合わせと特急快急の通過待ち、下総境町発着の1本は桜井で臨時特急の通過待ちをするほか、終点の下総境町では下総境町⇔神明町間の各停と接続をとる。春日部発着以外の2本は上野発着の急行区急と共通運用されているため、10両編成での運転となっている。春日部発着の各停にも一部10両運用が存在する。

 急行・区急のうち地下鉄線方面の急行は春日部発着、残りの急行は宝珠花発着、区急が下総境町発着となっている。区急は堤根で特急快急の通過待ちをするほか、一部は下総境町で各停と同様に接続をとる。

下総境町~上三川

 準備中

上三川~帝北日光

 準備中